menu

HOME > 社員インタビュー > マーケティング事業部

社員インタビュー

マーケティング事業部

「何としてでもこのお客様を救いたい!笑顔にしたい!」という気持ちが一番大切です。

新入社員に聞くQ&A

Q1.リプラスに入社した動機は?

ホームページ制作をしたいと思ったことが1番の動機です。
大学で、ホームページやPhotoShop・Illustratorを使用した作品制作などをしていたので、何か物を作るクリエイティブな仕事をしたいと考えていました。
また今後色々なコンテンツ配信をしていきたいという話を会社説明会で聞き、そういうプロジェクトにも携わってみたいと感じたからです。

Q2.職場環境の雰囲気は?

みなさん熱い思いを持っていて、活気が良い職場となっております。
全国の拠点の方々ともお話する機会が多いため、全社的にアットホームな環境であると思います。

Q3.最も大変だったことは?

Web戦略の仕事の他にも、データ復旧希望のお客様からのお問い合わせの電話対応もメインでしております。
データ復旧のサービスや良さなどをお伝えし、実際にオフィスまで来ていただくように案内をするのですが、色々なお客様がいらっしゃるため難しいです。特に、現地へ出張しての復旧作業を希望されているお客様への案内です。多くの確認事項があり何度もお客様と復旧スタッフの方と連絡を取り合い、時間がかかってしまいました。しかし、最終的に現地での復旧作業が完了し、無事にお客様へデータのお渡しができたという話を聞いたときは良かったと心から思いました。

Q4.最も嬉しかったことは?

リプラスの既存顧客の方々へ毎月送っているDMに同封するためのチラシを完成できたことです。
自社で開発したアプリの宣伝用チラシのため、どういう表現をすればお客様が興味を持ってくれるかなどを考えながら制作する必要があります。
しかし初めての制作でしたので、分からないことが多く、上司の方々に色々アドバイスをいただきながら1週間程かけて制作しました。
そのため、デザインを印刷会社様へ入稿し、実際に完成したチラシが手元に来たときには本当に感激しました。

Q5.新しい社員に期待することは?

相手を思いやる気持ちを持っている方が良いですね。困っている方々を助ける仕事ですので「何としてでもこのお客様を救いたい!笑顔にしたい!」という気持ちが1番大切です。そういう仕事をしたいと考えている方には向いていると思います。

▲ページTOPへもどる

  • マーケティング事業部
  • データ復旧事業部
  • データ復旧事業部
  • データ復旧事業部

社員インタビューTOPへもどる